【2021年10月時評】子どもたちにとってのパンデミックと政府 ペルーのダニエルより。

ダニエル・サンガマ・パンドゥーロ
1988年ロレート県・イキトス生まれ。ソーシャルコミュニケーター。2004年から2006年までMNNATSOP全国代表。現在、MNNATSOP全国協力者代表。教育省の生徒協働教育プログラムメンバー。

ペルーの子どもや若者の困難

2019年の国立統計情報研究所(INEI)の資料によると、ペルーには約965万2千人の子どもと青年がおり、子どもと青年の総数のうち、50.5%(487万8千人)が男性、49.5%(477万4千人)が女性です。この大規模な人口セクターは、彼らに影響を与える大きな問題を抱えながら、多くの政府がほとんど何もしてこなかったため、何年も目立たない存在でした。

このことは、学校で妊娠している10代の若者が多いこと、働く子どもや若者、路上生活者が受ける暴力、障害を持つ多くの子どもや若者が受ける排除などに表れています。もちろん、国が保障すべき権利を得るためにスペイン語を話すことを余儀なくされる先住民の子どもや若者も同様です。

パンデミックでの困難

2020年に出現したCOVID-19パンデミックは、ペルーの子どもたちが経験した大きな問題を悪化させました。家庭内への閉じこもりにより、健康の一部としての感情をコントロールする代替手段を見つけづらくなりました。

ペルーの首都や地方都市に住む何千もの家族は、大勢の大人が完全な失業状態に陥り、生き延びるために故郷の村に帰らざるをえませんでした。(会社は労働者を家に帰して給料を払わず、緊急事態が終わればすぐに仕事に戻すとしていました)貯金も基本的な食料品もなくなってしまいましたが、借りている住まいや部屋の家賃は家主が徴収します。このような地域では、連帯感が非常に不足していたため、組織化された市民が、最も弱い立場にある人々(子ども、青年、高齢者)のための炊き出しやサポートセンターを設置して対応しました

また、働く子どもや若者は、草の根運動の経験を生かして食料や薬を集めていましたが、職場に入ることは禁じられていたため、路上や市場で物を売ったりしなければなりませんでした。

ペルーの子どもたちや青少年は、本当に貧困と不公平の犠牲者です。なぜなら、パンデミックの影響をより受けているからです。当局は、国レベルだけでなく、地区、県、地域においても汚職行為に関与しているといわれます。ペルーには約3,300万人の人口がありますが、パンデミックの有無にかかわらず、子どもたちの状況を改善するために当局が行った努力はごくわずかです。

ペルー新政権の指針

2021年7月28日から、ペルーには、ペルーの忘れられた地域(プーニャ-カハマルカ)出身の教師を職業とする大統領が誕生しました。 ペドロ・カスティーヨ・テロネスが国を任されてから80日あまり。選挙演説でも、就任してからの80日間でも、彼は常に最も忘れられた人たちと一緒にいる、ペルー国家から最も見放されているペルーの最果ての地から政策を始めなければならない、と語っています。カスティーヨ政権では、優先的に取り組むべき10の軸があり、その中で子どものことが取り上げられています。

―予防に重点を置いた子どものケアと、国や政府間の調整
―飢餓や栄養失調と闘うための食糧安全保障と、そのための財政の推進
―人種や民族による差別を根絶し、文化的多様性の尊重を促進する

これらの軸は、それぞれの家族の中に隠されており、何千人もの働く子どもたちや青年たちがまだ直接は実現していないテーマで、この政府の羅針盤のようなものです。

子どもたちの視点

私たちは、Movimiento de Niños Trabajadores Organizados del Perú – MNNATSOP(ペルーの組織化された働く子どもたちの運動)の全国代表であるイカのタリアとワンカベリカのミラグロスに、次のような質問をしました。

  1. NNATs(働く子どもたち)は現政権をどのように見ていますか?
  2. この政府は国民のことを気にかけていると思いますか?
  3. NNATsはパンデミックにどう立ち向かっているのか?
Thalía
  1. 私たちNNATsは最近、covid-19の問題などを優先しているので、考えていません。
  2. 政府は私たちのことを考慮に入れていないと思います。なぜなら、政治的な危機状態で、NNATsが抱える問題をはじめ、他の問題を見通すことができないからです。
  3. NNATsは、教育や食料、COVID-19感染対策など必需品があるため、感染する可能性があっても仕事を続けながら、パンデミックに立ち向かっています。
Milagros
  1. NNATsは忘れられていると思います。残念ながら、政府は子どもや若者に対し以前と同じ政策を続けており、子どもや若者が政治参加できる場に関し好ましい変化は見られません。
  2. 政府はNNATsをまったく気にかけているとは思いません。現政権は大人の世界と経済だけを重視してる政府の一つであり、カスティーヨ氏の政策にもはっきりと表れています。
  3. 私たちNNATsはパンデミックの影響を最も受けやすいグループのひとつですが、だからといって自分たちが負けてしまうわけにはいけません。私たちNNATsは、感染しないように、新しい仕事のやり方で自らを改革しています。それに、私たちの現実は「食べものが必要だけど働かない」という選択肢を与えてくれないので、働き続けます。だからこそ、今まで働いたことのない子どもたちも、この問題に対処するために働かざるを得なくなっているのです。一方で、元NNATsの人たちや私たちの家族のサポートもあり、私たちは前に歩んでいます。

最後に

タリアとミラグロスの声は、子どもたちの闘いは今も昔も、働く子どもたちやその他の子どもたちと協力して権利を勝ち取るものだということを教えてくれます。したがって、貧困や不公平と闘うために、共通の利益、市民権、主体としての参加が本質的に実践される場を作れるように運動を強化し続けなくてはいけません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA